最新情報

挿核作業がはじまりました

今年もクリスマスが近づくこの時期、琉球真珠の川平養殖場では、シロチョウガイの挿核手術にむけた作業がはじまります。

シロチョウガイのあとにはクロチョウガイの挿核手術が待ち構えており、挿核前の貝の仕立てから挿核手術、そして手術後の養生といった一連の作業で、来年の2月いっぱいまでは目まぐるしい毎日となります。

 

シロチョウガイの挿核

 

翌日の挿核にまわす貝を海から引き上げ、施術室まで運搬車で運びます

 

シロチョウガイは、外套膜が鮮やかなオレンジ色のものと白色のものとがあります