お問い合わせ

製品紹介

真珠のお手入れ

真珠は貝から生まれる有機質の宝石です。日常のお手入れを怠らず、デリケートにお取り扱いいただければ、大切な真珠製品を末永くご愛用いただけます。


真珠のお手入れ、4つの基本

  1. 着用後は、乾いた柔らかい布で拭いてから保管してください。汗や化粧品による光沢の鈍化をふせぎます。
  2. 貴金属や他の宝石と直接触れ合わないようにしてください。傷がつくのをふせぎます。
  3. 光があたらない所に保管してください。長い年月からくる黄ばみをふせぎます。
  4. 極端な乾燥や湿気はさけて保管してください。長い年月からくるひび割れをふせぎます。
    *脱脂綿には漂白作用があり、真珠の色や光沢が変わるおそれがあります。保管する際のご使用はお避けください。

日常のお手入れには、真珠科学研究所開発の「真珠てりクロス」をおすすめします。琉球真珠直営店にて販売を承っております。

「真珠てりクロス」



真珠製品を着用するときのご注意

  • 真珠製品を着用してのご入浴はお控えください。
  • 真珠は酸性の物質に弱いのでご注意ください。もし酸性の強いものに触れた場合には、丁寧に水洗いをし、柔らかい布等で十分に水気をふき取ってください。つけ置き洗いはお避けください。
  • 汗をかいた時などは、着用後に柔らかい布等で丁寧に汗をふき取るといつまでも光沢が失われずに長持ちします。


金具についてのご注意

  • ペンダントなどチェーンを使用している真珠製品は、負荷がかかることでチェーンの丸カンというパーツが外れる場合がございます。これは首まわりの安全を保つためですが、衣類の着脱の際にはチェーンの取り外しをお願いします。
  • 真珠製品に取り付けられている金具が、お肌に合わない場合がございます。着用時にお肌の異常を感じたときは、すぐにご使用をお止めいただき、専門医にご相談ください。


ネックレスのお手入れ 琉球真珠の黒蝶真珠・白蝶真珠ネックレスは、真珠を傷めないようにナイロンコーティングされたステンレスワイヤーを使用しています。また、クラスプ(留め金)に近い真珠の間には、珠が擦れて傷つくのを防ぐために、シリコン製の小さなクッションを使用しています。

ワイヤー糸は、黒蝶真珠や白蝶真珠のような大きなサイズの真珠に対しても耐久性があり、絹糸のように切れたり、ゆるんだりすることが少ない素材です。ですが、二つ折りにするとワイヤーが折れることもございます。
丈夫なワイヤー糸でも傷むことがございますので、定期的なワイヤー交換をおすすめします。琉球真珠では、ネックレスのワイヤー交換を有料にて承っております。

琉球真珠では、ご購入いただいた真珠製品のクリーニングを無料にて承っております。
また、気になる汚れや拭いただけでは落ちない汚れなどがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ステンレスワイヤーを使用              シリコンクッション